良いIPOのコンサルティング業者の選び方やポイント

企業が株式公開、いわゆる上場を行う場合に活用する業者としてIPOコンサルタント会社があります。上場においては必ず活用する必要はありませんが、コンサルタント会社は株式公開に関しての様々な知識やノウハウを有しており、コンサルティングを依頼することで、スムーズに手続きを進めることが可能となります。コンサルタント会社は、主幹事証券会社や監査法人のセカンドオピニオンとしてアドバイスを提供しており、主幹事証券会社のとっているスタンスが正しいのかどうかなどに関して、申請企業側の立場に立っての業務を行います。また、申請企業とともに、社内管理体制の整備作業や申請書類の作成などの公開準備作業の実務を支援します。コンサルタント会社の活用は企業がIPOをするにあたって非常に有用な方法となりますが、業者の数は多く、ここではどのコンサルタント会社が自分の会社に適しているのか十分に見極めた上で依頼をすることが重要になります。

適したIPOコンサルティング業者の選び方について

コンサルタント会社では、開業者や従事者は、職歴として、例えば、証券会社の株式公開や、監査法人勤務などの経験を有しています。当然に業務に関しては、これまでの経験やノウハウを用いて行われますが、選ぶ場合にはそれぞれに得意分野があることを理解しておく必要があります。株式公開業務においては様々な分野に関しての知識が必要になります。コンサルタント会社全てがオールマイティに対応できる訳ではなく、ここでは、どの分野に強みがあるのか把握をした上で選択をする必要があります。また、多くのコンサルタント会社は申請書類や事業計画などの書類作成や、IR戦略、東証一部などの上場する場所など、様々な分野で得意とするサービスを掲げていますが、この場合、より具体的な内容を確認することが重要になります。

IPOコンサルティング業者を選択する場合のポイントは

コンサルタント会社を選択するポイントでは、選び方の1つでもある得手・不得手の確認の他に、コンサルタント会社がどのようなネットワークを有しているのか押さえておくことが必要になります。ネットワークの内容は選択する場合の大きなポイントになります。その理由としては、ネットワークを有することで上場手続きに伴う様々な業務を補完できることがあり、ここでは、依頼先のコンサルタント会社が得意としていない分野をカバーすることができます。企業は、例えば、法律、税務、会計、IR、公開審査上のノウハウなど、より密度の濃いサービスを受けることが可能になり、手続きもスムーズに進めることができます。選ぶ場合のポイントは費用面もあり、ここでは、求める内容を同条件として比較をすることが重要になります。