IPOのコンサルティングを行う業者の探し方

IPO、すなわち株式公開は会社の価値を高めるため、会社をより大きく成長させるためのステップであると言えます。どんな会社でもできることではなく、必要な条件を満たし、かつそれを示すための書類を揃え、申請を出しそれが承認されなければなりません。審査には様々な基準があり、クリアするのは至難の業です。だからこそプロの力を借りることが必要です。パートナーとなるコンサルティング会社の力次第で、新たなフィールドへと羽ばたいて行けるかどうかが決まります。弁護士、監査機関、証券会社など、異なるフィールドのプロの知識が必要となるため、トータルでサポートしてくれるところを探さなければなりません。では、どのようにして最適なパートナーを探せば良いのでしょうか。その探し方について以下に説明します。

IPOコンサルティングに秀でた会社

大事なことは、実績が豊富であるかということです。これまでの成功事例が多ければ多いほど、安心して任せられるかどうかの指標にすることができます。会社の細かい情報となるためあまり具体的な事例は紹介できないものです。それであってもホームページ上にこれまでの実績を掲載している会社は、自らのサポート力に自信を持っているのだと考えてよいでしょう。また、コンサルティングをすると言っても漠然としていて、実際にどこまでやってもらえるのかが不安になります。これもホームページなどを確認して、具体的なサポート範囲についての記載を確認しましょう。各ステップでの対応内容を細かく書いているような会社は、その通りきめ細やかに、クライアントの立場になって柔軟な対応をしてもらえると考えられます。

IPOだけをゴールにしてはいけない

間違ってしまいがちなのは、IPOをゴールにしてしまったがために、達成後に進む道を見失ってしまうというケースです。株式公開はあくまでも通過点の一つでしかありません。その先にどう進んでいけばいいのか、その道筋まで示すことができて初めて一流のコンサルティング会社であると言えるでしょう。いくらクライアントとはいえ、甘い言葉だけ掛けていてはいけません。時には厳しい意見も出して、クライアントが適切な道に進めるように導いてくれる存在でなければならないのです。経営ビジョンやビジネスモデルの策定を通じて、戦略的に会社を成長させる方法を一緒に考えてくれるようなパートナーを選ぶことができれば、まず間違いはないでしょう。あとは経験を元に、必要な手続きを取っていくだけです。